言葉を伝える練習帳。


by sumi0313
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【詩】咲く

朝早く
雪が降ったと云う
三月の終わりの或る日

夜深の坂の中空には枝が架かり
その先に二つ三つばかりの白いたましい

桜よ
こんなにも寒い日を選んで
お前は咲くのか

それとも
お前の中で咲こうとする力が
これ以上ないくらいに膨れあがって
もはやいっときの寒さなどものともせぬのか

お前が一番大事にするのは
寒いとかあたたかいとかではなく
いま時は満ちたということなのか

お前はそんなにも強いのか
いや
強いとか弱いとかではなく
お前はいつもそうなのだ

時が満ちると咲くものなのだ
ただそういうものなのだ

私もただそういうものになりたい
寒いとかあたたかいとか
強いとか弱いとかでない
ただ時が満ちて咲き
ただ時が過ぎて枯れる
ただそういうものに


[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sumi0313 | 2017-03-28 03:06 | ことばづくり | Comments(0)