言葉を伝える練習帳。


by sumi0313
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

36/101:一度

もうないよ
もう終わりだよ
この一瞬だけだよ

ほら、気がつくと常にいなくなる

一度はもう二度とないんだよ
二度はないから一度なんだよ

それでいて
これからの一瞬は無限に存在しているわけで
常にいなくなるけど 常にこれからを待っている
「一度」はまるで「今」に似ていて
とりとめのない

それでも「今」と違うのは
待ち受けて掴むことができるということ
とめどなく発生し否応なく流され続ける「今」と違って
何かの「一度」は自分で作ることができるということ

「一度」はまるで「今」に似ていて
とりとめはないけれど
それは「機会」と言うこともできるのだろう
[PR]
by sumi0313 | 2008-09-28 18:42 | 詩101題。 | Comments(0)

守宮くん

友達の家のベランダで、朝っぱらから守宮(ヤモリ)を発見した。

東京で見かけたことなかったから、ちょっとびっくり。
思わず「あれ、ヤモリくんですか」的に話しかけてしまったら、彼(彼女?)はちょろちょろと逃げていった。

ヤモリというと、東南アジアで、夜に見かけてたのを思い出す。
家の壁(外壁内壁問わず)によくいらっしゃっていた。
ラオスに行った時にもやっぱりいて、ラオ語で「ヤモリ」は何て言うのか教えてもらったんだけど、「キティア」というらしい。(そう聞こえた)
ちょっと、かわいい感じだよね。

で、一緒にいたコが、「キティア、サップ?」(ヤモリっておいしい?)って冗談を言ってラオス人を笑わせてた。
なんというか、ラオ語なんて数語しかしらないのに、超極貧なボキャブラリーからジョークを編み出すとはやるなこいつ…て思って、いまだに覚えている。

久しぶりの思い出を思い出した瞬間だった。
まあ、ヤモリは、外で見る分にはわりとかわいい、よね?
[PR]
by sumi0313 | 2008-09-26 18:30 | ひびおもう | Comments(2)
気がついたらもう前の記事書いてから半月以上経ってた。
復活したばかりなのにスローペース過ぎる…

気を取り直して。

最近、図書館に通いだした。
といっても、数冊を2週間+延長2週間借りているので、行くのは月に一回だけなんだけどね。

いま読んでいるのはトルストイ『戦争と平和』。
最初図書館で1、2巻だけ置いてあって、全2冊かー、ならなんとか読めるかなーと思っていたんだけど、2巻を読み終わったら「??コレで終わり?」って感じで、よく見たら全4冊だった…(涙)
そうだよね、普通2冊だけだったら1、2じゃなくて上、下って名前つけるもんね。。

で、8月の初めからスタートして、今ようやく4巻目のエピローグに入ったところ。
まあエピローグだけで200ページくらいあるからまだもうちょっとかかるけど…
思ったより読んでて楽しかった。
個人的にはアンドレイ公爵が好きだった。

面白いなと思うのは、主な登場人物それぞれ、魅力的に感じる部分と「うぜー」と思ってしまう部分の両方を併せ持っているところ。

物語の主人公やヒロインは大抵いい人、いい性格で、少なくとも共感し辛くなるほどの欠点は持っていない場合って、意外と多いんじゃないだろうか。
でも『戦争と平和』の登場人物たちは長所と短所が裏表で、一つの性質が魅力的にも映るときもあればそうでないときもある。
すごく客観的に、ある意味すごく人間らしく描かれてるなと感じた。

ちなみにロシア文学というとドストエフスキーとトルストイが2大巨頭って感じだけど、同じロシア文学って言ってもドストエフスキーとは全然違う雰囲気だった。

ドストエフスキー(名前入力しづらい…)は全体の雰囲気が重苦しくて荒々しくて、人物の台詞がこれでもかーってくらい長く続くからずいぶんアクのある文章だなあと思っていたんだけど、トルストイのは(これしか読んでないけど)すっきりして分かりやすい文体だった。
ドストエフスキーはわりと身近な人たちだけで個人的な物語を作っているけど(でもまあテーマは大きいけど)、トルストイはロシア-フランス間の19世紀初頭の戦争というかなりスケールとしては大きい題材を扱っている。
作者の、歴史観というか、歴史というもののとらえ方なんかもかなりページを割いて語られていて、それはそれで興味深い。
でも、高校のときほとんど世界史やってないから、ロシアとフランスの戦争って言われても、いまいちピンとこないんだよねえ…それがちょっと残念。

次は何読もうかな。
もうちょっと短めのやつにしよう…
[PR]
by sumi0313 | 2008-09-19 18:25 | ほんよみ | Comments(0)