言葉を伝える練習帳。


by sumi0313
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おえかき

a0017830_22451.jpg

初めてのラテアート!

仕事が午後からの土曜日。
ちょっと早めに店に来て、雑務傍らカプチーノを作った。

きれいにミルクを注げたので、ついでに模様をかいてウサギ(猫?)にしてみた。
輪郭さえ最初にうまく作れれば、あとは意外に簡単かも…
思ったよりうまくいって嬉しくて、ついつい写メ。

ちょこちょこ合間に練習して、何種類かできるようになりたいなぁ…
[PR]
by sumi0313 | 2011-02-21 22:04 | おしごと | Comments(2)

雪詠み

久しぶりに積もるほどの雪。

雪国で育ったから、やはり東京で雪というとなんとなく心が弾む。
そんなわけで「雪」・「故郷」を入れてぱぱっと三句。

故郷っていう言葉を入れて短歌を作るようになるとは、
自分もそれなりに歳をとったのかな、と思う。
こんな句、恥ずかしくって前は作れなかっただろうな…
今でもちょっとは恥ずかしいけど。


積もる雪の
重さにたわむ細枝よ
郷里の木々より不慣れなるらむ

雪積もり
夜歩く人もまばらにて
都会もどこか故郷に似たる

うれしかな
帰り夜道に雪はらはらと
ふるさと去りてはやひと昔
[PR]
by sumi0313 | 2011-02-15 00:55 | ひびおもう | Comments(0)

近況報告

最近ずっと書くのさぼってた…

年明けて
あっというまに
バレンタイン。

うーん。
とりあえず、12月からなんとなく作りためてた歌。
あんまり季節感ないなぁ。


歩道橋
ふと思い立ち登ってみしが
さほど変わらぬ景色なるかな

神様が腕伸ばした様な雲眺め
祈りたい気持ちになるなぜか

莫大な寂寥感が我を射つ
故郷離れて10年目の夜

酒ギター駄菓子トランプそば水着
男女八人旅物語

独り歩き
さみしからぬは
久しぶりに会う友の様な
真上、オリオン

「からから」とは
喉の渇きか
笑い声か
このがらんどうの震える音か

赤子抱きて
今更ながら驚かれぬる
その指先の爪の小ささ

みぞれゆき
街は常より静かなりて
姿見えねどつんざくひよどり
[PR]
by sumi0313 | 2011-02-12 02:00 | ひびおもう | Comments(0)