言葉を伝える練習帳。


by sumi0313
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

condelances

雨孕むむら雲の下
同じ悲しみを持つ人と会う

若さ故の過ち
魔が差した
そんな単簡な言葉で片付けられがちな
共通の友人の事故死

だが
心の靄は晴れるべくもなく
日々は無情に過ぎ行き
はや半月も経ち

友人に関する話や
互いの様子をぽつぽつと訊きあう
時おりの僅かな沈黙には
その余りにも余りにも短い
生への悼みが含まれていた

帰り際
自転車を押す私を見送りながら
「気を付けてね」とその人は言った

普段からどこでも交わされる短い言葉

それは何気ない言い方だけれど
真に迫っていて
一瞬だけれど
心をこめて言ってくれた

「はい、気を付けます」と私は応えた
絶対に事故に遭ってはならないのだと
心からの決意をこめて

悲しいような
あたたかいような
寂しいような
なんだか胸が締め付けられるような
やり取りだった

降りだした雨にやさしく背を押され
私は坂を下り始めた
[PR]
by sumi0313 | 2014-08-13 16:48 | ひびおもう | Comments(0)

7月最後の日

鳴る神よ
な摘みそ 摘みそ
若き芽を
さだめて太き 樹になりけむを


みまかりし人について
皆語らへど
いまや昔の話になりけり


神様は、いい人・いい子ほどそばに置きたがってすぐ連れて行ってしまうと言うけれど、
どうかもう少し、見届けてほしかった。
[PR]
by sumi0313 | 2014-08-04 19:04 | でんごん | Comments(0)